BFBチャンピオンZooとは?


「BFBチャンピオンズ 2.0」が
ゲーム内容を大幅リニューアル!その名も、
飼育型サッカーゲーム「BFBチャンピオンZoo」
動物園の飼育員になって、アニマル選手を集めて、
動物界最強チームを作り上げよう!

動物界最強のベストイレブンは?
動物園の飼育員さんにインタビューを決行!

千葉市動物公園 那須サファリパーク
 

千葉市動物公園のベストイレブン


千葉市動物公園 ベストイレブン

飼育員さんにインタビュー


  • ―まずは選手の配置について、全体的なイメージを教えて下さい。

    サッカーは詳しくないので、フォーメーションにそれぞれの役割を書くところから始めました。ここは何する人なんですか?と、そこから…。メンバーは良く知られたメジャーな動物を中心に揃えてみました。

    ―すみません、無茶振りをしてしまって(笑)。

    いやいや、大丈夫です!振ってきたのはうちの管理職なので!(笑)

    ―FWはハシビロコウのみの1トップですが、チームの攻め方はどんな感じでしょう?

    じっと(ハシビロコウ)は性格がヘタレなので、基本的に動かないんです。ただ、眼光がするどいので、相手をビビらせて得点だけ決めてもらいます。

    ―その後ろにいるレッサーパンダもあまり動かないイメージですが…。

    そうですね、ここぞという時しか動かないです。風太は性格が悪いので。他の子のりんごまで独占しようとしたりとか…。2本足で立つのが話題になって「千葉市動物公園=風太」とイメージが定着していますが、勝手に死んだと思われているので(笑)、まだ生きているぞ!ということで入れています。

    ―ライオンも攻撃的なイメージですけど、FWではないんですね。

    彼もそういう、仕事をしっかりするタイプじゃないですね。

    ―逆にあえて動かないタイプを前に持ってきた感じですか?

    そうです、決定権だけです彼らは。「ほら渡せよ!」的な。でもやるときはやるタイプです!

    ―ボランチにいるエミュウは聞き慣れない名前ですね。この子はどういう動物でしょうか?

    オーストラリアにしかいない、ダチョウの次に大きな鳥類です。エーチャンはテンションが上がりやすいタイプなので、おだててあげれば活躍するだろうと思って入れました。足も速くて、時速50kmくらいで走れます。あとチームオーストラリアにしようとおもって、セットでオオカンガルーのニッキ―も置いています。

    ―ディフェンス面は、大きい動物にしっかり守ってもらうイメージでしょうか?

    アイ(アジアゾウ)に鼻と体を使って地上戦を、ヨウタ(アミメキリン)に空中を守ってもらうイメージです。アミメキリンはライオンを撃退したり、時速50kmで走れたり意外性もあります。

    ―ここは完璧な布陣ですね!キーパーがゴリラというのもすごくしっくり来ました。

    そうですよね!?園内ではみんな「象がキーパーだろう!」って言ってたんですけど(笑)。いやいや、手が使えるやつがいいでしょうということで。モンタは自分が注目をされたいタイプです。ドラマ撮影で来た女優さんにしゃべりかけたりドラミング(胸を叩く動作)したりしてアピールしていたらしくて、完全に人間から見て綺麗な人が好きみたいです(笑)。

    ―チーム全体としては、なまけものというか…いいとこだけ頑張る子が多い感じですね!

    そうですね(笑)。ただ、うちの唯一のウィークポイントは悠(ダチョウ)とライム(グレビーシマウマ)ですね。盛り上がると周りが見えなくなっちゃうので…。1つのことしか考えられない代わりに、それをしっかりやりとげてほしいですね!


  • 【注目選手】オオカンガルー ” ニッキー ”



    脚力を活かしたキック力・パス回しに期待!尾だけでバランスをとり相手を蹴ることもできる。
    たくさんの子供を作り、千葉市動物公園のオオカンガルーを大繁栄させたすごいヤツ!ということで、飼育員さんは何故かやたらとこの子を推していた。

    ・注目ポイント・
    幅8m、高さ2mを一気に跳べるジャンプ力!相手選手を飛び越えて攻め上がることも可能!?

  • 【BFBチェック!】

    ハシビロコウやレッサーパンダなど、人気の動物たちが前線を固めるチーム。
    得点役は決定力に極振りでスピード皆無のメンバーのため、両サイドの足の速い動物たちがどれだけここまでボールを運べるかがキーになりそうだ。
    ディフェンス面では、センターバックにゾウとキリン、キーパーにゴリラと鉄壁の布陣。特にキーパーのモンタは、女性の応援があれば大活躍の予感!逆に相手の応援に女性がいると、守備そっちのけになる危険も…。

 

那須サファリパークのベストイレブン


那須サファリパーク ベストイレブン

飼育員さんにインタビュー


  • ―フォーメーションはどのように考えたのですか?

    飼育員にすごくサッカー好きな人がいるので、その人が監督という形で、サッカー好きなメンバーと動物の性格をよく知っている人とみんなで考えました。
    フォーメーションは4-2-3-1です。フォワードは動きが良い子たちにして、ディフェンダーに運動量が多い子と、ゴール前で競った時に高さが欲しいよねということで大きい子を入れています。

    ―まずはこのチームのキャプテンを教えてください。

    ボランチにいるヤクのテンちゃんですね。年齢がいっているので戦い慣れているかなと思うので、キャプテンを決めるとしたらこの子ですね。

    ―その隣のシロフクロウは鳥類ですし、小さいですよね?どういう役割でしょうか?

    この子は頭脳戦要員です。この中だと頭が良い動物というのがシロフクロウなので、ゲームメイクをしてもらいます。ただ飛んでいるので直接戦力にはならないので(笑)、そこはユウキ(シロオリックス)とゴッツ(エランド)の二人にカバーしてもらってという感じです。

    ―キーパーがライオンなのはすごく意外です。

    サファリパークなのに肉食動物がいなかったので…。タマコちゃんが一番やんちゃというか、車を一番追いかける子なので、来たボールへ一番反応ができるかなぁと(笑)。

    ―え、追いかけるんですか!?

    そうなんです…。あとモデル体型で足が長い。餌を見せた時この子だけジャンプするらしいので、上への対応もできるかなと。

    ―なるほど、キーパー向きな要素が揃ってるんですね。攻撃面ではどの子が中心になりそうですか?

    うちでイチオシなのはワピチなんですけど、世界で2番目に大きな鹿なんですね。立った時の顔の高さが160センチを越えるくらい、ツノを入れるともっと大きいです。繁殖期のワピチは誰にでも向かっていくので、相手のディフェンスが固くても物怖じせず攻められるかなと。

    ―パワープレイ要員ですね。

    ただ難点がありまして、この子年中無休で強いんですけど、ツノが5月くらいに全部抜けちゃうんです。オンシーズンだと攻撃力が弱まってしまうのが弱点かなと…。

    ―ジンキーもとても珍しい動物ですよね。この子はどんな子ですか?

    ジンキーはシマウマとロバから生まれた動物なんですけど、この子もボールとかへの執着心が半端じゃないです。運動量もすごいので前の方に置いています。

    ―写真だとおとなしそうな印象でしたが…。

    実はシマウマは足の筋肉ってパンパンなんです。ナッキーはそれを受け継いでいますし、しかも雄なので、見た目に反して強いです。

    ―その他、注目の動物はいますか?

    大穴はブラックバックです。足がすごく早くて、トップスピードで時速60~70kmも出るので裏に抜かれても走り負けません。ただ、ちっちゃいのでフィジカルの問題が(笑)。なので相手の攻めは横にいるサイくん(シロサイ)に止めてもらう形です。シロサイならふっ飛ばされることはないので、カバーリングという意味では重要ですね。

    ―聞いていると、全体的にやんちゃな子が多そうですね。

    うちの子たちは普通の動物園と違って広い所で放し飼いして、群れでいることが多いので、常日頃相手に勝たなきゃいけない、自分の地位を確立しないといけないので。特に雄は他の園では見れないような戦いをごつごつやっています。

    ―それは…大変そうですね…。

    野生でもやっている事ですし、特に雄は自分の子孫を残すために頑張っています。その闘争心が試合でも発揮できれば、まず負けないと思います!


  • 【注目選手】ワピチ ” ペースケ ”



    このチームのエース。ワピチの中でも大食いではないので、燃費は良い。
    筋肉量・体格を落とさず体型維持ができ、プロ意識が高い。

    ・注目ポイント・
    長さ60cm以上はある大きなツノ。ツノまで入れると全高は2m越える!

  • 【BFBチェック!】

    ワピチやジンキーなど、珍しい動物たちで固められたチーム。
    メンバーのほとんどが草食動物だが、全員が野生の本能を秘めているため、調子に乗せてしまうととてつもない攻撃力を発揮しそうだ!
    ちなみに那須サファリパークではマイカーでも窓から草食動物に餌をあげることができるが、車内に鼻先を突っ込んで餌をねだるその迫力は、肉食動物に引けを取らない。

ところで・・・


ごめんなさい、
ここまではエイプリルフールのウソです…
ですが、
千葉市動物公園・那須サファリパークとの
コラボを記念して、
素敵なプレゼントがもらえるキャンペーンを
本当に実施します!

 

コラボ記念 プレゼントキャンペーン ①

 



 

 

■期間:2017年4月1日(土)00:00 ~
4月18日(火)3:59 まで

※キャンペーン詳細はゲーム内ニュースをご確認下さい

 

コラボ記念 プレゼントキャンペーン ②

 

 

応募方法

◆手順 ①
BFBチャンピオンズ公式Twitterアカウント(@BFBChampionsJP)をフォロー!

◆手順 ②
下の画像が付いたキャンペーン対象ツイートをリツイート!

以上で応募完了!


 

応募する
■応募期間:2017年4月1日(土)00:00 ~
4月10日(月)18:59 まで


【注意事項】

当選の発表は、当選者の方への通知をもって代えさせていただきます。
当選対象は日本国内にお住まいの方のみとなります。予めご了承下さい。

動物園に行こう!

千葉市動物公園

    千葉市動物公園 千葉市動物公園

  • 千葉市動物公園は、緑に囲まれた自然いっぱいの動物公園です。
    千葉県内唯一のライオン展示となる「京葉学院ライオン校」では、ガラス越しにライオンの迫力を身近に感じることができます。
    また、「ふれあい動物の里」では、様々な動物とふれあうことができるアニマルタッチや、乗馬コーナーが人気のほか、手ぶらでバーベキューを楽しむことができます。

  • ■開園時間
    午前9時30分から午後4時30分まで(ただし、入園は午後4時まで)
    休園日
    毎週水曜日(水曜日が休日にあたる時は翌日)
    年末年始(12月29日から1月1日)
    ■アクセス
    ・モノレールでお越しの場合
    葉都市モノレール動物公園駅下車 徒歩1分
     ├千葉駅よりモノレールで、約12分
     ├都賀駅よりモノレールで、約5分
     └千葉みなと駅よりモノレールで、約16分
    ・お車でお越しの場合
    東京方面からは京葉道路穴川I.Cより市街方面に約3km
    市原方面からは京葉道路穴川東I.Cより市街方面に2km
    成田方面からは東関東自動車道路千葉北I.Cより千葉方面へ約7km
    ■住所
    〒264-0037 千葉市若葉区源町280番地
    ■公式サイト
    https://www.city.chiba.jp/zoo/index.html

那須サファリパーク

    那須サファリパーク 那須サファリパーク

  • 那須サファリパークは、すぐ目の前まで寄ってくる!
    野生動物にエサやりをして楽しむ「体感型サファリパーク」です!
    ホワイトライオン、トラ、キリン、カバ、サイをはじめ約70種700頭羽の世界の野生動物が主に放し飼いで暮らしています。
    ライオンやトラなどの肉食動物は迫力を、キリンやサイは大きさを、小さい動物や赤ちゃん動物は可愛さを、全ての動物が持つ本来の魅力をより身近に感じていただけるサファリパークでありたいと思っています。

  • ■営業時間
    平日8:30~17:00(入園受付 16:30迄)
    土・日・祝8:00~17:00(入園受付 16:30迄)
    ■アクセス
    ・お車でお越しの場合
    東北自動車道「那須I.C」から那須街道経由で約15分
    那須ガーデンアウトレットが目の前の「黒磯板室I.C」からは約25分
    ・バスでお越しの場合
    JR東北新幹線「那須塩原駅」でJR東北本線に乗り換え、一つ先の駅「黒磯駅」で下車
    東野交通バス「那須ロープウェイ・那須湯本」方面バスで約17分
    「那須サファリパーク入口」バス停下車 徒歩約5分
    ■住所
    〒325-0303 栃木県那須郡那須町高久乙3523番地
    ■公式サイト
    http://www.nasusafari.com